美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (新しい記事より順に表示)

total 52 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

目的を見失わない

   ↑  2011/04/20 (水)  カテゴリー: 美容室 接客
こんにちは。

4月も中旬を過ぎましたが、お店の方はいかがでしょうか。
新入社員も入ったお店も多いかもしれませんね。
私がお手伝いさせてもらっているお店にも新人が入ってきました。
みなさん、目をキラキラさせながら働いていました。元気がもらえますね~。



今回は『目的を見失わない』という内容。

どんな仕事でもそうですが、仕事には最終的な目的があります。

例えば、『新しい紹介カードを作る』という仕事があるとします。

どんなタイプの紹介カードを作るのか、
いつまでに何枚作るのか、
どんなふうにお客様の手に渡るようにするのか、

これらのようなことを考え、実際に作業していき、いよいよ完成です。
『新しい紹介カードを作る』という仕事はこれで終わりです。

しかし、本来の『新しい紹介カードを作る』という仕事の目的を考えると、仕事はこれで終わりではありません。
本来の目的は『新規客(紹介客)を増やし、売上を上げる』ということのはず。


なので、新しい紹介カードを渡すようになってから紹介客は増えているのか?、ということをきちんとチェックしていかなければなりません。
思い通りに増えていれば問題ありませんが、増えていなければ本来の目的である『新規客(紹介客)を増やし、売上を上げる』に立ち返って、再度施策を検討しなければなりません。


ひとつひとつの仕事の効果や結果が目的通りになっているのか常にチェックすることで、本来の仕事の目的を忘れず、徐々に徐々に目的の達成に向かって進んでいきます。
これをしないと「やりっ放しの仕事」になりがちで、本来の目的が達成されないまま終わってしまいます。
先程の例でいえば、「紹介カードを作った」という仕事で満足してしまうことです。


これは技術の練習にも言えることです。
練習メニューを決める時も、「なぜこの練習をするのか」ということを考えると、本来の目的を見失わずに効果的な練習メニューを考案することが出来るでしょう。


4月ということで、新メニューや新しい取り組みなどを始めるお店が多いと思いますが、一つ一つの仕事の目的を明確にし、見失わず最後までやり遂げることが重要になってくると考えます。

スポンサーサイト
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 目的を見失わない この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-301.html

2011/04/20 | Comment (1) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

業界全体で時代の変化に立ち向かっていく姿勢を見せる

   ↑  2011/04/05 (火)  カテゴリー: 美容業界
こんにちは。

全国の理美容の施設数の推移をまとめたグラフが下の画像です。
(厚生労働省のデータより)


全国理容室・美容室店舗数推移

※2010年の数値はまだ発表されていなかったので2009年までの推移です。

以前も全国の理美容施設数をまとめましたが(2007年まで)、その時の傾向とほとんど変わっていません。
理容所は毎年微減傾向で、2007年から1000件単位での減少が続いています。
それに対し、美容所は毎年約2000件ずつ増え、2008年には22万件の大台を突破しました。

しかし、美容師国家試験の合格者数は毎年減り続けており、2004年の合格者数24,527人をピークに、今年は15,096人と1万人近くも減少してしまっています。(理美容ニュース http://ribiyo-news.sakura.ne.jp/?p=4677)慢性的な人材難に陥ることは目に見えています。
※理容師は908人の合格者。前年より27人増。(理美容ニュース http://ribiyo-news.sakura.ne.jp/?p=4679


人材難に伴い、後継者の育成も以前から理美容業界を取り巻く課題の一つとなっています。
厚生労働省健康局生活衛生課から発表されている「経営者の年齢」というデータを見ると、理容業経営者の85%が50代以上となっています。(美容業でも77%が50代以上)

理美容経営者の年齢

また、同じ厚生労働省健康局生活衛生課からのデータで「理美容施設の創業年」というものがあります。
平成以前に創業した店舗が、理容業で93%、美容業で83%となっていて、ほとんどのお店が創業から少なくとも23年経っているということになります。

理美容創業年割合


おそらくというか確実に、現在から10年後にかけて「後継問題」という課題に取り組まなければならない店舗が増えてくることは間違いないでしょう。
さらに、先ほど話題に出した国家試験の合格者数は目減りし(特に理容師の合格者数は美容師の1割以下なので本当に厳しい)、後継問題に拍車をかけています。

「そんなこと言われなくても分かってる」と言われそうですが、このまま何の対策もない状態だと業界の存続自体も危ぶまれます。
「髪を自分で切るのは難しいから、ニーズは永久」かもしれませんが、いつ「自動髪切り機」とか「ヘアスタイル自在薬」みたいなものが発明されるかわかりません。

いつ顧客のニーズが変化するか分からない状態なので、業界側も変化に対して柔軟に対応する姿勢や仕組みを構築しておかなければなりません。
以前は「髪を切る」というニーズだけだったのが、例えば「髪を切る」+「快適さ」であったり、「髪を切る」+「髪や頭皮の健康」であったり、「髪を切る」+「長くスタイルを維持したい」であったり、現在でさえ様々なニーズが生まれています。
新しい変化に対応できなかった店舗は淘汰され、うまく変化に対応できた店舗は生き残る、その繰り返しで今の業界があります。なので、これまでも時代の変化に耐えぬいてきた強い業界だと私は思います。

時代の変化にも強く、未来を見据えて動いている業界、つまり未来が見える業界というのはとても魅力的です。
逆に、未来が見えない、時代の変化に対応しきれず衰退しているように見える業界は、あまり魅力的ではありません。
しかし、未来はなかなか見えてこなくても、時代の変化に対して様々な工夫をし、戦い抜く姿勢を業界全体でみせている業界はとても魅力的に感じます。

魅力的な業界は人も集まります。
今課題となっている「後継問題」「人材難」に対しての一つの答えではないでしょうか。

業界全体で音頭をとって、時代の変化に対応する力を世に見せつける。
それぞれのお店は様々な工夫や取り組みを続け、地域で助け合いながら、業界の活性を世に伝える。

それにはメディアの力も必要でしょうか。テレビや新聞のようなマスメディアはもちろんですが、twitterやfacebookのようなソーシャルメディアの力も必要でしょう。


最後に、国内の競技人口が減っていて、深刻な問題を抱えていた囲碁界の取り組みを一つ。
下の雑誌はなんと碁の業界誌です。
(テレビでも取り上げられていたのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・。)
碁的

GOTEKI(碁的)のウェブサイト→http://goteki.jp/

かなり思い切った改革を実行した結果、メディアにも取り上げられ、なかなか露出の少なかった囲碁界の取り組みを広くアピールすることができたのではないかと思います。

私にはこれが良い方法かどうかは評価できませんが、少なくとも「現状を変えるためにいろいろなことをやっているんだな」という業界の動きに深く感銘を受けたことは間違いありません。

この記事に含まれるタグ : 美容業界動向 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 業界全体で時代の変化に立ち向かっていく姿勢を見せる この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-300.html

2011/04/05 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

理美容サロンの計画停電対策

   ↑  2011/03/17 (木)  カテゴリー: 美容室経営
こんにちは。

関東・東北で電力会社による計画停電が行われていますが、それに合わせて各理美容室さんも対策を取られています。

ざっといろいろなお店のブログやホームページを拝見させていただきましたが、特に注意すべきポイントがありましたので整理させていただきます


出来る限り、自店の属しているグループの停電スケジュールを詳しく明記する。


『〇〇時~〇〇時まで停電』というようにきちんと明記したほうが良いです。

『当店は○グループなので、そのスケジュールに沿って営業しています。』としか書かれていないサロンのブログもお見かけしますが、これだとお客様の自宅が違うグループに属されていたりすると、いちいち調べなくてはならないのであまり親切ではありません。

出来る限り、緊急連絡先(携帯など)を知らせる


停電中は固定電話やインターネットが通じなくなるので、お客様からの緊急の連絡がつきにくくなると思います。
電車やバスなどの交通機関も通常ではなく、お客様が来店できない状況も多々あると思いますので、固定電話やPCメール以外の連絡先をお知らせする必要があります。
(携帯電話や携帯メールをお知らせしているお店が多いようです)

お客様の連絡先も聞く


計画停電とはいえ、電気の需給状況によってはスケジュール通りにはならない可能性もあります。(予備の停電時間帯は特に)
なので、お店の方からも緊急の連絡をお客様にしなければならない状況も考えられますので、お客様の携帯番号やメールアドレスを教えてもらった方が良いでしょう。
(おそらく事情が事情なので、嫌がるお客様はほとんどいないと思われます。)

停電中も営業を続ける場合は、受付できるメニューの種類と施術内容の違いをきちんと明記する


停電中も営業されているお店もありますが、通常とどうしても異なる施術内容になるかと思います。(シャンプーができなかったり、ドライヤーが使えなかったり、など)
通常営業と違う点を明記し、お客様も納得した上で来店してもらいましょう。


以上、私がいろいろなサロンさんのブログやホームページを見て、気付いたことや注意した方がいい点のまとめでした。参考にさせていただいたサロン様、ありがとうございました。

この記事に含まれるタグ : 美容室経営 美容室接客 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 理美容サロンの計画停電対策 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-299.html

2011/03/17 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

全国でチャリティーカットの輪が広がっています。

   ↑  2011/03/15 (火)  カテゴリー: 気付き
こんにちは。

昨日、今日と休業日を利用してチャリティーカットを行う理美容室が多かったようです。
計画停電や物資不足などで、自店のことも大変な中、こういった取り組みを行う経営者の方や美容師さんには頭が下がります。

また、急遽チャリティーカットを行ったにもかかわらず、298人ものお客様が集まったお店もあったようで、ほんと理美容の力ってすごいな、と思いました。

チャリティーカットを行った方々がブログに記事をアップされていたので、一部を紹介します。

●LIMグループさんのブログ
http://www.lessismore.co.jp/#/011460/

●ヘアーエスクールさんのブログ
http://ameblo.jp/s-coeur/entry-10830609399.html

●ラシェンテ神戸店さんのブログ
http://www.craft-works.org/blog_kobe/index.php?c=blog1&pk=1300092764

●K2とーるさんのブログ
http://ameblo.jp/t5r14/entry-10831087651.html

●カナダの情報サイトより アトリエメイさんの書き込み
http://www.e-maple.net/bbs/topic.html?no=22249

●美容室ブレスさんのブログ
http://green.ap.teacup.com/breath/636.html
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 全国でチャリティーカットの輪が広がっています。 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-298.html

2011/03/15 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

頑張ろう日本!

   ↑  2011/03/14 (月)  カテゴリー: 気付き
こんにちは。

地震発生後、被災された地域の惨状をTVなどで知るにつれ気持ちが滅入ってしまい、これから日本はどうなるんだろうとか悲観的な考え方をしてしまっていたが、日本人の長所である「助け合い」とか「譲り合い」などの精神がこのような状況下でも発揮されていることを多くの場面で知りました。

地震発生後、私のいた駅周辺一帯が停電になり、信号が無点灯になりました。にもかかわらず、歩行者も車も譲りあい、信号が付いているのと変わらない程、順番に交差点を通過しているのを見て驚きました。
もちろん、渋滞はしていましたが、クラクションを鳴らしたり怒鳴り声を上げたりする車もなく、イライラして飛び出す歩行者もいなかったので、交差点の通行自体はとてもスムーズでした。

その後、駅ビルで2回目の余震があったのですが、悲鳴がこだまする中、揺れで立っていられないお年寄りを必死で支えているサラリーマンの姿もありました。

今朝も計画停電の影響でJRが止まるという非常事態の中、地下鉄は通常の5割ほどでしたが動いており、もちろんその乗車を求めて長蛇の列でしたが、きちんと整列する姿にも感動しましたし、駅員さんもなんとかスムーズに乗車してもらおうと必死に声を上げていたり、バスなどを使った他ルートの説明などもきちんと対応されていました。

また先ほど見つけたサイトにこんなまとめもありました。

「地震発生後、Twitterで投稿された心に残るつぶやき」
http://prayforjapan.jp/tweet.html

これを見てほんとに日本が好きになりました。
いろいろな場面で小さいけれど日本人の長所である優しさや思いやり、譲り合い、助け合いの精神が垣間見られ、このような状況下でこういうことが出来る日本人なら力を合わせて必ずや復興できると信じています。

私自身も小さいかもしれませんが、自分でできることを精一杯やっていきたいと思っています。
頑張ろう日本!
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 頑張ろう日本! この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-297.html

2011/03/14 | Comment (1) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。