美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

「売上」という言葉をより具体的にすることから始めよう2

   ↑  2010/04/23 (金)  カテゴリー: 美容室経営管理
こんにちは。

今日は前回の記事のまとめです。

「売上」という言葉は便利な分、非常に曖昧なので、売上の良し悪しの原因を探っていくためには、「売上」という言葉をもっと具体的にしていく必要がある、という記事を前回書かせていただきました。
「売上」という言葉を具体的に掘り下げることによって、自分達がより行動に移しやすくなるということです。

「売上を上げろ!」と単に言われるよりも、「既存客の来店頻度を上げろ!」って言われた方が動きやすいですよね。


掘り下げていく段階の説明を前回させていただきましたが、文章だとちょっと分かりにくかったかな、と思いますので今回は図にしてみました。

収益の仕組み

今回は便宜上、「収益」をスタート地点にしていますが、考え方は同じです。

収益《利益》を上げるには、売上を上げるか、コストを減らすしかないし、その売上を上げるには、客数を増やすか、客単価をUPさせるしかない、というような流れでどんどん掘り下げていく思考方法です。

もちろん、堀下げれば掘り下げるほど図よりももっと下の方まで続くと思いますが、この図は簡略化してあります。

例えば、「新規客を増やす」というところでこの図は止まっていますが、新規客の中にも「紹介新規客」や「通りがかり新規客」などいろいろな方がいらっしゃいます。新規のお客様一人ひとり、自店への来店理由が異なっているのは明白でしょう。
来店理由が異なれば、それに対応する施策や行動も異なってくるので、より具体的になり、店舗活動もより行動しやすくなるでしょう。

※コストの方には分枝を省略していますが、これも考え方は同じで、「コスト」を具体的に掘り下げていき(例えば材料費、販売管理費など)、自らが行動に移せるところまで持っていくことです。




2010年も第一四半期が既に過ぎ去りましたが、実績が良かったお店も思い通り行かなかったお店も「売上」という言葉で立ち止まらず、深いところからの視点で考え込むことも必要だと思います。
忙しい中、大変だと思いますが、ぜひ時間をとって自店の状態を今一度見直し、良かった点、良くなかった点をもう一度洗い出し、今後の糧にしていってください。

前回・今回の記事がそのことに少しでもお役に立てれば幸いです。
関連記事
スポンサーサイト
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「売上」という言葉をより具体的にすることから始めよう2 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-269.html

2010/04/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 「売上」という言葉をより具体的にすることから始めよう2

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。