FC2ブログ
 

美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

この記事に含まれるタグ :
新商品導入 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

新商品・サービスを魅力的に見せる

   ↑  2009/10/12 (月)  カテゴリー: 客単価UP
こんにちは。

いろいろなお店を廻らせてもらっていますが、10月から新商品・サービスを導入しているお店が多いなあ、と感じています。

テレビも大きな番組改編が4月や10月にあったり、年度の下半期スタートの時期ですし、10月に商品入れ替えが重なるのも頷けます。

新商品の導入にあたって、お客様に告知する際、各店様々な施策を用いて新商品が浸透するように努力をされていますが、これだけ理美容室が多く出店する中、新商品に目新しさを感じさせたり、特別なものだと感じてもらうのはかなりの努力が必要です。

また、新商品に目新しさや特別なものだと感じてもらうことに成功しても、実際に購買するまでにまたハードルがあります。
消費者側に立ってみれば当然ですが、新商品・サービスには「見たことがないし、体験したことがない。だから効果的かどうかわからない」という不明確な部分が多く残っています。
その不明確な部分が購買になかなか進まない、一つの原因となっています。

しかし、実際はこのような不明確な部分を、スタイリストさんの説明トークや日頃からの信頼で補って、お客様に購買してもらうという流れが一般的です。

このような説明トークを磨き上げたり、お客様との信頼関係をより大きくしていくことも非常に大事なことですが、それを築き上げるのはかなりの時間が必要です。

では、どのようにすればいいのか、ということですが、「もう既に築き上げてある信頼」と「購買前の体験や実感」がキーポイントです。

つまり、購買へのハードルである「新商品に対する不明確な部分」を、「もう既に築き上げてある信頼」と「購買前の体験や実感」で明確にしてしまおう、ということです。

●もう既に築き上げてある信頼とは


これはつまり、お客様が「この人(データや媒体)の言うことなら信頼できる」と感じられる人物やデータを利用しよう、ということ。
身近なところで言えば、
・店長・マネージャークラスのスタイリストのイチオシ商品

店長であればお店の顔でもありますし、リピーターのお客様であれば、担当が違っても一度や二度は話したことがある人物でしょう。その店長が言うなら・・・買おうかな、という心理です。

また、ありふれているかもしれませんが、
・芸能人や業界人のオススメ
・有名雑誌に紹介


これはよくある事例ですが、いまだにテレビCMにもイメージキャラクターとして多くの芸能人が出演しているところを見ると、まだまだ一定の効果があると思われます。
最近では、有名ブロガーが「○○を使っている」という記事を書いたら、その商品は一気に人気になる、といったような事例も多く見受けられます。
これも「既に築き上げられた信頼」です。

さらに、これもよくある事例ですが、
・他のお客様の反響・感想

最近こういった手法が増えているので、お客様1人や2人の感想や反響ですと、胡散臭く思われがちですが、例えば10人とか20人になるとどうでしょうか。

最後に、
・売れ筋データ

先行導入した他のお店のデータとか、同類商品の中での売れ筋ランキングなどを利用し、新商品の信頼性を高めることです。
メーカーさんなどに協力してもらえば、こういったデータを集めてくれたりすると思います。

●購買前の体験や実感



これは、新商品を正式導入する前にプレ体験期間を設けたり、お店の休業日などを使って新商品体験イベントを開いたり、ロイヤルユーザー向けにお得な体験コースを作って、使用感などを聞いたり、することです。
また、シャンプーなどの店販商品が新商品の場合、シャンプー施術時に実際に使用してみる、ということも出来そうです。

(このプレ体験期間にお客様の感想を集めておけば、「築き上げてある信頼」の項で説明した「お客様の反響」の部分で非常に役に立つので、一石二鳥だったりします。)

新商品や新サービスに体験や実感が伴えば、購買へのハードルが低くなる、というごく当たり前のことですが、実際にはやっているお店は少ないように思えます。


非常に長くなって、なんか難しくなってしまいましたが、新商品や新サービスに対する不明確な部分を手早く補うにはどうすればいいか、ということについて書いてみました。


ブログランキング参加中です!
関連記事
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 新商品導入 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 新商品・サービスを魅力的に見せる この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-193.html

2009/10/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : 「強い流通」3つの法則
この前の記事 : 年末の繁忙期のための準備

Comment

コメントを投稿する 記事: 新商品・サービスを魅力的に見せる

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 「強い流通」3つの法則
この前の記事 : 年末の繁忙期のための準備
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。