美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (カテゴリー: ニュース

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

理・美容室も『FREE』?

   ↑  2010/06/24 (木)  カテゴリー: ニュース
こんにちは。

東洋経済のサイトを見ていたら、理美容に関する記事があったので紹介します。

美容サロンも「FREE」の時代に?【東洋経済オンライン】

株式会社田谷が行っている、『施術後2週間の無料ヘア診断』についての記事。
パーマやカラーの施術後、ヘアスタイルを無料で診断するサービスを開始し、髪形が好みに合っていなければ、パーマなどの再施術をするというサービスです。

この記事を書いた方も言っていますが、これだけならもう既に他のサロンでも行っているサービスだし、直し3週間まで無料とうたっているサロンもあるので、なんら斬新なサービスではないように思えます。

しかし、今回の田谷のサービスは、従来のような「直し」という消極的なサービスではなく、「積極的な無料サービス」としているようです。

以下引用

パーマやカラーは髪になじむまでに時間がかかるため、施術から数日後の状態をチェックすることでより効果的なアドバイスができるというコメントにあるように、同社のサービスは、再施術や再来店を積極的に呼び込んでいる点に特徴がある。
しかもそれは再施術だけではない。
新しい髪形の効果的なセットの仕方などの相談や「外出する前にシャンプーとブローで髪形を整えてほしい」といった要望にも対応するというサービスまで、施術後2週間以内なら提供するのだという。


(中略)

仕上がりに問題がなかったとしても無料であれば、相談とセットを試そうと思う顧客は多いだろう。通常のサロンに比べれば、顧客との接触頻度は倍に上がる。接触のたびに微に入り細を穿つような施術・相談・サービスを繰り返すことによって、顧客のロイヤルティーを獲得することができるのである。

(中略)

無料サービスでかかる費用といえば、若干の整髪剤のコストぐらいで、多くは技術料だ。顧客が引きも切らず来店し、スタッフの手が空かない状態であれば無料客は収益低下につながるが、昨今そんな状況ではないだろう。手が空いているスタッフをどんどん使ってサービスを提供し、顧客を再来店させるべきなのだ。


積極的な無料サービスを利用することによって、お客様の来店頻度を上げ、コミュニケーションの回数を増やし、また2週間と限定することによって来店のスパンを短くし、最初の来店から日も経たないうちに2回目のコミュニケーションを取れるというコミュニケーション濃度の濃さを考えると、再来店率は飛躍的に高まるのかもしれませんね。
もちろん、その土台となる接客や施術のレベルの高さも必要となってきますが。


まだこの施策による成果は表れていないようですが(6月上旬からスタートしたばかり)、理美容業界にとって今後注目すべき施策なのかもしれません。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 田谷 新規再来率 FREE 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 理・美容室も『FREE』? この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-278.html

2010/06/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

業界を超えた顧客満足度指数

   ↑  2010/03/17 (水)  カテゴリー: ニュース
こんにちは。

最近クチコミについての記事を立て続けに書いてきましたが、今日は顧客満足度についてです。
(クチコミに関する記事はもう少し続きがあるので、次回以降に書きます)

昨日の日経ビジネスオンラインの記事に興味深いデータが取り上げられていました。

『トップサービスは東京ディズニーリゾート ~寿司チェーン、ネット旅行が上位を占める』

それは、日本初の業界を横断した顧客満足度指数(JCSI)というもので、飲食業界やホテル業界、航空業界などをまたがって、お客様がどれだけそのサービスに満足しているか、ということを調査した指数です。

調査する項目として、

「(長く利用しているユーザーに対して)過去1年間を振り返ってどれくらい満足したか」
「利用前に期待していたか」
「サービスの質は良かったか」
「価格を考えてサービスの価値は十分か」
「もし他人に話すとすると、良い話題とするか、悪い話題とするか」
「今後も継続的に利用したいと思うか」

この6つの項目を質問項目として出したデータをもとに算出した指数だそうです。

注目の調査データはこちらです。
顧客満足度ランキング


東京ディズニーリゾートの1位は当然といえば当然ですが、スシローやくら寿司などの寿司チェーンの健闘も光ります。また、通販サイトを運営する企業も上位にランクインされているのも意外なところです。



これまで同業界での顧客満足度調査は多く見たことがありますが、今回のような他業種を横断しての顧客満足度調査は初めてのことです。
質問項目を統一することにより、評価軸もきちんと定まっているので、顧客満足度を重視する企業にとっては、この指数がこれからの指標になってくるのではないでしょうか。

理美容業でも顧客満足度調査の評価軸を今回のこの調査と同一にすれば、自店のサービスレベルはサービス業最高レベルの企業に比べてどのくらいの位置にいるんだろう、という考え方が出来、ひとつの目標となるのではないでしょうか。


※算出法や今回のデータ分析詳細はコチラの記事が参考になります。
『待望の「業界横断」顧客満足ランキングが登場!』

この記事に含まれるタグ : CS改善 おもてなし 美容室接客 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 業界を超えた顧客満足度指数 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-255.html

2010/03/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

韓国の水なしシャンプー美容室と1000円カット専門店

   ↑  2009/12/06 (日)  カテゴリー: ニュース
こんにちは。

私はスキマ時間にブログを更新しているのですが、最近はなかなかまとまった時間が取れなくて、下書き状態のまま保存してある記事が多くなってきました。書くべき話題は結構あるんですが・・・。
12月はなかなか更新ができなさそうです。



水なしシャンプーを使用したサロンが韓国で登場したようです。
「水なしシャンプー」美容院がソウル市内の駅に登場 | Chosun Online | 朝鮮日報 「水なしシャンプー」美容院がソウル市内の駅に登場 | Chosun Online | 朝鮮日報


(以下引用)
宇宙飛行士が使うものに似た特殊なシャンプーを使用する。乾いた頭にシャンプーを広げ、手で泡立てた後、使い捨てのタオルでふき取る。カットした髪は掃除機のような吸引機で吸い込む。

便利で簡単、経済的でリーズナブル。水道料や給湯コストもかからず、タオルの使用枚数も少ない。経営コストは普通の美容院の3分の1程度だという。韓国の研究陣が開発した特殊シャンプーを独占して使用、その一方でシャンプーを200ミリリットル9000ウォン(約710円)で一般に販売もしている。料金は6000ウォン(約470円)。中高校生と65歳以上のお年寄りは5000ウォン(約390円)だ。



水なしシャンプーというと、大きな病院の売店に売っているのを見かけたことがありますが、あれと同じようなものでしょうか。思ったよりも価格が高かった覚えがあります。

この記事には写真がないので分かりませんが、お店のコンセプトは、そのコストや駅前立地に出店していることなどから考えて、日本の1000円カットに似たものでしょう。

1000円カットといえば、以前から議論されている洗髪設備問題が各都道府県に広がってきました。

「1千円カット」も洗髪設備を、義務化が加速 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 「1千円カット」も洗髪設備を、義務化が加速 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

(以下引用)
「カットのみ、10分1000円」など低価格を売りものに店舗を増やすカット専門の理容店にも、洗髪設備を設置するよう条例で義務付ける動きが加速している。

店が全国に広がり始めた2007年以降、条例を制定したのは10県。06年以前の条例化も合わせると19道県となり、宮城、山形両県は開会中の県議会に条例案を提出した。「髪を洗わないのは不衛生」という理由だが、カット専門店からは「営業に支障が出る」と反発の声が上がっている。



以前よりも多くの都道府県で議論されるようになっており、その結論も洗髪設備義務付けの条例を出す行政区もあれば、見送る行政区もあり、難しい問題になっているようです。

消費者を守るためにある程度のルールは必要ですが、その上で様々な工夫やアイデアを駆使してビジネスは成長していくのではないかと思います。
洗髪設備の義務付けとはあまり関係ありませんが、韓国の水なしシャンプー美容室が良い例かもしれません。
コストなどまだまだ改善の余地はありそうですが、不衛生という問題はクリアになりますし、消費者にとっても良いことなのではないでしょうか。


この記事に含まれるタグ : 理容業界 水なしシャンプー 1000円カット 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 韓国の水なしシャンプー美容室と1000円カット専門店 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-228.html

2009/12/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

川崎・多摩の美容師ボランティアグループ

   ↑  2009/11/20 (金)  カテゴリー: ニュース
こんにちは。

カンボジアに小学校を建設するためにチャリティ活動をしていた、川崎市多摩区近隣の美容師ボランティアグループのニュース記事がありましたのでご紹介します。

美容師グループ「PRIC」 チャリティで念願の小学校
http://www.townnews.co.jp/020area_page/02_fri/11_tama/2009_4/11_20/tama_top2.html

以下引用
 

川崎北部を中心とした美容師のボランティアグループ「PRIC」。世界の恵まれない子どもを助けようと取り組んできたチャリティ活動が実を結んだ。建設を支援したカンボジアの小学校が完成し、10月から授業が始まった。現地から届いた子ども達の写真に「もっと活動の輪を広げたい」とメンバーは喜びを見せている。

PRICは多摩区内で美容室を経営する菅原司郎さんが中心となり、川崎北部の美容室10店舗から美容師ら15人ほどが集まる。菅原さんらはカンボジアの学校不足や校舎の老朽化の実態を知り、07年2月から小学校建設を目標に定めてチャリティカットを開いてきた。美容師が無償でカットし、利用者が1,000 円以上支払う仕組みで寄付金を捻出。今年8月に開いたイベントでは60人のボランティアが集まり、239人が利用して過去最高の約65万円の寄付金が集まった。これまでの総額は260万円に上るという。
カンボジア
(タウンニュース)



地域の美容師さんたちがまとまってこういった活動することは非常に凄いことですが、もっと凄いのは地域住民の方がチャリティの意図を理解し、239人も集まったことだと思います。
この活動を周囲に広めることはものすごく大変なことですし、相当の苦労があったのではないでしょうか。
そのような中で、活動が身を結び「カンボジアの小学校建設」という偉業を成し遂げた「PRIC」の皆さんには本当に敬意を表したいです。

この記事に含まれるタグ : PRIC ボランティア活動 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 川崎・多摩の美容師ボランティアグループ この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-221.html

2009/11/20 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

TAYA・宝島社・So-netのコラボ企画

   ↑  2009/10/30 (金)  カテゴリー: ニュース
こんにちは。

美容業大手のTAYAと出版の宝島社、ソネットエンタテインメントの3社合同で、ケータイ・リアル店舗・雑誌をミックスさせた『ヘアスタ×TAYAスペシャルコンテンツ』企画を始めたようです。

以下引用(ZDnet Japan)

『ヘアスタ×TAYAスペシャルコンテンツ』は、全国のTAYA(114店舗)に所属するトップスタイリストが作ったヘアスタイルを、ケータイメールで自分の顔写真を送るだけで簡単にシミュレーションできるコンテンツです。さらに今回は、明日23日(金)発売予定の宝島社ヘアカタログ誌『Myベストヘア 2009年冬号』とも連動し、雑誌内の特集ページ(計15ページ)にも同様のヘアスタイル115点を掲載しています。今回のクロスメディア展開によって、ユーザーは雑誌やリアル店舗で見つけたヘアスタイルをケータイで気軽に試すことができます。

連動3社では、ケータイ・リアル店舗・雑誌という各メディアでの強みを集約させ、他にもTAYAトップスタイリストがユーザーの髪や美容の悩みや質問に無料で答えてくれるコーナーや、ヘアモデル募集コーナーを『ヘアスタ』内に新設し、美容業界初の試みにチャレンジしてまいります。


ヘアスタ×TAYAスペシャルコンテンツ


ケータイで自分の顔写真を送信すれば、ヘアスタイルを気軽にシュミレートできるという企画のようです。また、「おしえて!ヘアスタ 聞いてみようTAYA君」というコーナーで、スタイリストがヘアケアなどについての質問に答えてくれるみたいですね。

またTAYAのクーポン券が配布されたり、TAYAのカットモデルに応募できたりなど、雑誌、携帯、HP、リアル店舗のクロスメディア戦略としても注目です。


ブログランキング参加中です。

この記事に含まれるタグ : 業界動向 ニュース 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - TAYA・宝島社・So-netのコラボ企画 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-206.html

2009/10/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。