美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: POP の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

次回予約の効果

   ↑  2011/02/15 (火)  カテゴリー: 固定客対策
こんにちは。

今回は次回予約について。

次回予約とは、お客様がお帰りの際に次回の来店日の予約をして帰ってもらう、という試みのことです。
もちろんその際、プロの視点からお客様それぞれの理想来店日を伝え、それを目安に来店日時を決定してもらうことも重要な活動です。

歯医者さんなどでは治療計画に合わせて、結構当たり前のように行われているので、サロンでも可能なのではないか、という考えのもと、最近多くの理美容室さんで活動されています。

次回予約はお客様側にもサロン側にもメリットを与えるので、かなりオススメの施策です。

念のためメリットを整理してみましょう。

【お客様側のメリット】
・面倒な電話予約やネット予約がいらない
・混雑する土日祝日などの予約を先取りできる
・自分のスケジュールに合わせて予約が取れる
・来店日時が前もってサロン側にも分かるので、緻密な個別提案やアドバイスが受けられる
・自分のヘアスタイルの維持が計画的に進められる


【サロン側のメリット】
・お客様の来店日時が早い段階で分かるので、個別対応するための準備が容易になる
・お客様任せの来店にしておくよりも、サロンが関わることによって、確実に来店スパンが縮まる
・「予約している」という意識があるため、他店に浮気しにくく、再来店率が上がる
・お客様に対して、先々のヘアケアスケジュールの提案がしやすくなる【提案の幅が広がる】




次回予約の活動をするに当たって、難しいのは活動の継続です。
従来のサロンではなかなか見られない制度のため、お客様が受け入れにくく、初期の頃はなかなか成果がでない傾向にあります。「やっぱり難しいのかな」と不安になって、活動を継続できないお店も数多くあるでしょう。

しかし、お客様が次回予約することのハードルを一度でも超えれば、高い確率で「次回予約リピーター」になってくれる傾向にありますし、店内に「次回予約」している場面が増えて、その他のお客様もその場面に何回も遭遇すれば、次回予約に対するハードルも低くなっていくと思います。


もし「ウチでも次回予約やってみようかな」という方がいらっしゃいましたら、
活動の第一歩として、レジ前にこんなPOPを置いて「次回予約」の認知度を上げることに専念すると良いでしょう。
参考までに。

次回予約POP

スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : POP 来店サイクル短縮 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 次回予約の効果 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-295.html

2011/02/15 | Comment (1) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

提案型展示の一例

   ↑  2010/05/29 (土)  カテゴリー: POP・看板
こんにちは。

あるサロンさんで「父の日」に向けたちょっとした工夫をしていました。

お客様がどんな反応を示すのか気になるので、ちょっと写真に撮らせてもらい経過を見ていきたいな、と思います。

父の日ギフト

普通に商品を並べるだけでなく、「こういう使い方もあるよ」とか「こういう時にこの商品はいかが」というような提案型の展示です。

上記の写真の商品はスキャルプマッサージャーといって、頭を洗うときに頭皮の汚れをきちんと落とせるように洗えるツールなのですが、このお店に来ている方は30代くらいの女性のお客様が多く、「頭皮ケア」のニーズはそれほど高くない、という現状があります。

しかし、こういう見せ方なら、「そういえばもうすぐ父の日か。お父さんに買ってあげたら喜ぶかも」と思ってくれて、この商品に注目してくださるお客様がいるかもいれません。

面白いチャレンジだったのでブログに載せてみました。

この記事に含まれるタグ : 美容室販促 POP 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 提案型展示の一例 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-274.html

2010/05/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

店販商品の展示もひと工夫で興味が集まる

   ↑  2010/04/02 (金)  カテゴリー: POP・看板
こんにちは。

いつもご訪問ありがとうございます。


昨日、仕事帰りに100円ショップで買い物に行ったら、こんなコーナーを見つけました。

弁当男子


最近流行りの「弁当男子」のコーナーです。
男性向けデザインが施された弁当グッズをまとめてあるコーナーで、通りがかった時についつい興味を持ってしまって、写真に撮ってみました。

大型の弁当箱や箸など、「このコーナーにあるものを買えば、すぐに君も弁当男子!」というようなコンセプトで作られたコーナーだと思います。
写真には撮りませんでしたが、この100円ショップはかなり売り場に工夫をしていて、他にも新生活向けに「100円グッズで出来るインテリア」のコーナーがあったり、かなり提案型の売り場構成になっていました。

以前までの100円ショップは、キッチンとか文具などのようにジャンル別に仕分けられた売り場だったと思うんですが、このお店のような面白い趣向があるととても新鮮です。
また、目的のものを買った後でも、こういったコーナーの前を通りがかると、「お、弁当男子か」と興味を引かれ、「明日から弁当作ってみるか」という男性がいてもおかしくありません。または彼女が彼氏にプレゼント、ということもありそうですよね。



理美容業でもこういった提案型の商品展示があってもいいんじゃないか、と思います。
もちろん、商品展示を工夫しているお店もたくさんありますが、多くのお店がまだまだ並べているだけ、というような感覚があります。

シャンプー、トリートメント、スタイリング剤、とジャンル別に並べるのも分かりやすくはありますが、例えば「季節」や「新生活」、「新入学」などをテーマにした商品展示コーナーがあっても面白いのではないかと思います。

「同期に差を付けろ!爽やかなオトコがつかうヘアケアグッズ」として、スタイリング剤以外にもトリートメントやシャンプー、ブラシなども一緒に並べる。
「湿気の多い季節にも私の髪は負けない!この季節にオススメのヘアケア商品」としてトリートメントはもちろん、コンディショナーやシャンプー、湿気に強いスタイリング剤なども並べる。

などなど・・・。ジャンルにとらわれずにいろいろなテーマで展示するのも手です。


このようにすることで、いつもはスタイリング剤にしか興味を持たなかった入社したばかりの男性が、このコーナーを見て他のヘアケアグッズにも興味を持ってくれたりするかもしれませんよ。


この記事に含まれるタグ : 美容室販促 POP 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 店販商品の展示もひと工夫で興味が集まる この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-260.html

2010/04/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

任天堂のCMから得たヒントをもとに

   ↑  2010/02/09 (火)  カテゴリー: POP・看板
こんにちは。


以前、「お客様になりきって考えてみよう」という記事で、お客様の視点に立って考えてみることが重要だという話をしましたが、ものすごくそれを実践しているCMがあります。

任天堂のWiiのコマーシャルです。

任天堂は以前からお客様がどう楽しむかを想定して、それをそのままCMにしたような内容が多かったのですが、今回の「NewスーパーマリオブラザースWii」では、ゲーム画面とともにどのように楽しむべきかを教えてくれるようなCMでした。

実際の映像はこちら→http://www.nintendo.co.jp/wii/smnj/movies/tvcm.html


Wii


上記のURLの映像を見てもらえれば分かりますが、このCMは1人で難しいステージをプレイしていたり、父娘2人で協力しながらプレイしていたり、4人で邪魔しあいながらプレイしていたりと、様々な楽しみ方を想定しています。

任天堂が、このソフトを買って「こんな風に楽しめますよ」とか「こうやって楽しむんですよ」と提案しているような感じです。

私も娘がいるので、このCMを見た時に「こんなふうに娘と協力してゲームできたら楽しいだろうな」と思ってしまいました。

また、中学生くらいの方が見れば、4人くらいで邪魔しあいながらのサバイバルプレイをしたら盛り上がるだろうな、と思ったかもしれません。(これは私の想定ですが)

このように、自分のことに置き換えて想像できるようなCMは非常に効果的だと思います。


理美容業ならば、CMは難しいかもしれませんが、Youtubeなどの動画共有サイトなどを利用して「○○サロンの楽しみ方」のような動画を配信したり出来るかもしれません。

新メニューなどを導入したら、その効果的な使い方をお客様視点に立って動画を撮影してみるのも面白いかもしれません。

動画が難しいのであれば、4コママンガ風にしたりするのもいいかもしれませんね。



この記事に含まれるタグ : 美容室販促 POP 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 任天堂のCMから得たヒントをもとに この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-242.html

2010/02/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

お客様になりきって考えてみよう

   ↑  2009/11/27 (金)  カテゴリー: POP・看板
こんにちは。


商品やサービスをお客様にオススメする時や、POPなどのキャッチコピーを考える時に、よく「お客様視点」とか「お客様の気持ちになって考えること」が大切だ、と言われています。

例えば、CMの世界でも

「もう一度妻を口説こう」(オムニバスCD R35)
「あいててよかった」(セブンイレブン)
「そうだ、京都行こう」(JR東海)
「やめられない、とまらない」(カルビーかっぱえびせん)

などなど。
お客様視点で考えられたキャッチコピーやフレーズが多くあります。

お客様が口にしそうな言葉を巧みにキャッチコピーにしている好例ですが、どれも話題になったCMですし、定番商品になったりしています。

こういうキャッチコピーをみると「あ、コレ自分のことだ」とか感じたり、「わたしもやってみたい」と思ったりするので、お客様から高い共感を得られるコトバとして機能しているのでしょう。


理・美容室の広告やPOP、オススメする時の言葉などもこの「お客様視点」は非常に重要なことは言うまでもありません。

しかし、お店視点からのほうが考えやすい分、フリーペーパーやいろいろなお店にあるPOPなどを見ても、「お客様視点」になれていないものが多いようです。

例えばよくあるのが、

「全国カットコンクール優勝の実力店!」
「化粧品成分が入った潤いストレート」
「ワンランク上の秋パーマ」
などなど。

どんなお店か、どんな商品か、特徴はよく伝わるのですが、お客様の視点に立つとピンときません。

お客様視点に立てば、

「全国カットコンクール優勝のお店に行くと、わたしはどうなるのか」
「化粧品成分が入った潤いストレートをすると、わたしはどんな風に変われるのか」
「ワンランク上の秋パーマをすると、今までのパーマとどう違って、わたしはどうなるのか」

という疑問に応えるようなコトバが自然と出てくるはずです。

例えば、

「全国カットコンクール優勝?!ここなら、まとまりにくいわたしの髪も任せられるかも。」

これはわたしが考えたものですので、あまりパッとしませんが(苦笑)、「どこの美容室に行っても、希望のスタイルにならないお客様」になった気持ちで考えてみました。


シャンプー剤やスタイリング剤などに付けるPOPも、この商品を買ってくださるお客様は、買う前はどんな気持ちだったのだろう?買った後はどんなところに喜んでくれているんだろう?という視点から考えると、良いキャッチコピーや説明トークが生まれてくるのではないでしょうか。

ヘッドスパなどのサービスを説明するトークを考える時も、お客様の気持ちになるために、実際に施術を受けてみたりしながら考えてみると、面白いコピーが思いつくかもしれません。



今回テーマにさせていただいたお客様に共感されやすいコトバやトークを考える時はもちろんのことですが、接客応対を考える時、お店のコンセプトを見直す時なども、徹底的に「お客様視点」に立って考えてみると、突破口が開けると思います。



※かくいう私も、このブログの表題が「美容室経営コンサルタントのコツコツメモ」・・・。
思いっきり自分視点。

この記事を書きながら、再度ブログの構成を見直そうと思いました。

この記事に含まれるタグ : 美容室販促 POP キャッチコピー お客様視点 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お客様になりきって考えてみよう この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-223.html

2009/11/27 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。