美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: PDCA の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

実行力が問われる12月

   ↑  2009/11/14 (土)  カテゴリー: 美容室経営
こんにちは。

またまた5日間もサボってしまいました・・・。
この記事も途中で保存したまま、アップできず、今日ようやくアップすることが出来ました。



いよいよ理・美容室最大の繁忙期、12月がやってきます。
計画や準備は進んでいますでしょうか?

一年間の中でお客様が最もご来店する月、ということは、それだけいろいろなお客様と接する機会が多くなる月、ということ。
なので、より一層お客様へのサービスに気を配る必要があると思います。

とくにオペレーション関係、ピークタイムの対応、予約の入れ方、指示系統などもう一度話し合っておいた方が良いでしょう。

接客マニュアルのあるサロンさんは、より一層お客様の満足度を上げるために、というテーマで話し合い、更なるレベルアップ目指しましょう。

なぜかというと、忙しい時期はどうしてもバタバタした雰囲気を隠す事ができず、それがお客様に伝わったり、焦るあまり自然と早口になってしまったり、予約が取りにくくなったりして、比較的お客様の満足度が下がってしまう時期です。

なので、これまで以上にお客様のためになるような接客を心がけることで丁度よいくらいになります。
「もう充分やってるよ」と言わずに、もういちど一から接客を見直してみてください。
この「見直し」こそ、店舗成長のきっかけになります。


今回挙げた行動や施策は、非常に地味なものばかりですが、こういうことをきちんと実行できるサロンさんこそ、12月の目標、もしくは一年間の目標を達成できるサロンさんだと思います。

「やれることはやってみる」、この実行力が12月のような繁忙期には必要です!

忙しい日々が続くと思いますが、頑張ってください!


ブログランキング参加中です!
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 繁忙期営業 PDCA 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 実行力が問われる12月 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-216.html

2009/11/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

販促企画が成功しても失敗しても次に活かせるようにしよう!

   ↑  2009/09/24 (木)  カテゴリー: 美容室経営管理
こんにちは。

連休を挟んだので久々の更新になってしまいました。

夏も終わり、だいぶ涼しくなってきましたが、
夏の販促企画などの締めくくりは行いましたか?

・企画の目標数値に達成できたかどうか。
・顧客に対する企画のアプローチ方法は適切であったか。
・スタッフの皆さんの日々の行動は出来ていたか。
(例えば、80%のお客様に声掛けを行うなど。)
・成功事例や失敗事例の共有。
・来年や次の企画へ活かせること。

企画が成功しても失敗しても、上記のようなチェック(Check)は美容室経営にとって必須事項です。

よくあるのが、『成功したんだから反省なんていらないよ』という思考パターンや、『失敗したけど昔のことをくよくよ反省しても時間の無駄』という思考パターンです。

例え成功したとしても、『何が良くて成功できたのか』という成功要因を知るのと知らないのとでは、次の一歩の差が歴然です。
何が良くて成功できたのかが分かれば、その要因を次の企画に活かせばよいのです。

『POPを見るお客様の数が非常に多かったので、お客様からの反応が高かった。』という要因が見つかったなら、次のPOPも同じ配置やデザインにしてみるのが企画成功への近道ですよね。


また失敗した企画は何が原因だったのか、ということも明確にする必要があります。
例えば、
・カウンセリング時に充分オススメできなかった

↓何が原因で

・予約スケジュールが詰まっていたのでカウンセリングに充分時間が取れなかった。

↓何が原因で

・今回の企画は説明するのに時間が取られる

↓説明する時間を取るには(説明する時間を短縮するには)

★次回企画への改善
・お客様に一目で分かるような説明ツールを作る(説明時間の短縮)
・予約時間に5分余裕を取る→施術のスピードアップが課題(長期的課題)
・説明・オススメの仕方を変える(説明時間の短縮)


こんな流れで失敗した要因を深くまで探っていきましょう。
深くまで探ることが出来れば、必ず対策できる行動が見つかってくるはずです。


ブログランキング参加中!

この記事に含まれるタグ : PDCA 美容室販促 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 販促企画が成功しても失敗しても次に活かせるようにしよう! この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-178.html

2009/09/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

PDCAを組み込んだ朝礼と終礼

   ↑  2009/02/26 (木)  カテゴリー: 美容室経営管理
計画(PLAN)→実行(DO)→見直し(CHECK)→再行動(ACTION)

仕事のサイクルとしてよく言われるPDCAサイクル。
目標や課題に取り組んで成長していくためには、このPDCAが
きちんと回っているか確認していくことが重要です。

そして成長スピードを高めるには、
PDCAサイクルを早く回す仕組みを作ることに注力します。
つまり、PLAN=計画から再行動=ACTIONまでの期間を短くすることです。


このPDCAの期間を短くするのに最も適したものが、朝礼と終礼です。

店舗全体の業績目標を朝礼で毎日確認し、
「いまのペースで進んだ場合の達成状況」と
「対策を具体的に実行するための行動計画」を確認。
その他に個人ベースでの行動目標を発表し、進捗を確認。

ちょっと難しく書いてしまいましたが、PDCAを組み込んだ朝礼では、
組織と個人のその日の計画を全員で共有します。
その計画について議論があったり、アドバイスがあったりします。
PDCAでいうとPLANの部分です。

その後、その日の終礼で、朝礼時に話し合った計画について
実行度や気づきを発表し、出てきた課題に対しての新たな行動計画を
考えます。明日からの行動に行かせる具体的な行動に落とし込むのが
ポイントです。ここでも参加者全員で共有し、議論・アドバイスしあいます。
PDCAでいうとCHECK、ACTIONの部分ですね。

さらに終礼で、組織・個人の行動目標を達成出来たときなどは全員で
喜び合うことも大切でしょう。達成したことを人から喜ばれることによって、
それは成功体験となります。
毎日の小さな成功体験を積み重ねることによって、「また次も頑張ろう」と
なり、PDCAがスムーズに回って行きます。

このような朝礼や終礼が出来ると、PDCAが早くスムーズに回るようになり、
個人や組織の成長への促進剤となるでしょう。


タメになったねえーと思ったらココをクリック!


この記事に含まれるタグ : 朝礼・終礼 PDCA 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PDCAを組み込んだ朝礼と終礼 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-51.html

2009/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。