美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: 経営理念 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

「お客様との誓い」が共感を呼ぶ

   ↑  2011/02/16 (水)  カテゴリー: 新規客対策
こんにちは。

とある美容室オーナーからお借りした書籍に、夫婦二人でやっている小さな美容室のことが書かれていました。

このお店が、お客様に向けて宣言している誓いに感銘を受けたのでご紹介します。

3つの約束・誓い

第1条 安心の提供
見習いを使わず、基本的に一人の技術者がシャンプーから仕上げまで完全予約で責任をもって担当致します。但し、前後のご予約の都合上、他の技術者がお手伝いすることもありますが、「ここは・・・」という施術は、必ず担当技術者が施術することを誓います。

第2条 安全の提供
ヘナ・草木染め・ナノパーマなど、より自然で限りなくダメージの少ない素材を選び、お客様の髪に対してダメージを最小限に抑え、髪に無理のない施術を誓います。

第3条 癒しの提供
眠れるシャンプー・ゆっくりくつろげる空間・ほっと出来る時間を提供し、お客様が日常のストレスを忘れ、のんびりしていただける時間を提供することを誓います。

ミッション
私たちはただ単に髪を切り、ヘアスタイルを創るという枠にとらわれず、お客様の毎日を明るく・楽しく・ワクワクとHAPPYに生きる力(人間力)のお手伝いをさせていただきます。

女性モード社 「松井竜馬式・逆転発想のサロン経営術」より抜粋




この3つの誓い、「このサロンがどのようなお店を目指しているのか」、「お店はどんな雰囲気なのか」、「どのような施術をしているのか」、「施術にどのような素材を使用しているのか」、などを明確に示してあり、同時に「このお店はココが特徴で強みですよ」ということを初見の人にうまく伝えています。
新規のお客様は、初めて行くサロンに対してどうしても不安感を抱いてしまいますが、この「誓い・約束」がその不安を払拭させる一つの武器になっているのではないでしょうか。


また、常連のお客様に対しても改めて誓いを宣言という形になり、お店の目指している姿勢や理想が明文化されていることも手伝って、さらなる共感を呼ぶことになると思います。
共感が深まれば、より一層お店のファンになってくれて、クチコミや紹介といった「応援」をしてくれるお客様も増えてくることでしょう。


こういう誓いとか約束というものは、一般的に社内の組織風土醸成を目的としたことによく使われますが、このように工夫すれば集客面においても非常に効果的なものになるのではないでしょうか。


スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 経営理念 美容室販促 口コミ 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「お客様との誓い」が共感を呼ぶ この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-296.html

2011/02/16 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

お店の価値観をみんなで共有したい時に大切な管理者の仕事

   ↑  2010/06/11 (金)  カテゴリー: 美容室の組織風土
こんばんは。

ダメですね~。更新頻度が大幅に落ちちゃいました。。。
Twitterはなんとかかんとか毎日つぶやき続けているんですけどね~。
ちょっと仕切りなおして更新頻度を上げていきたいな、と思っています。


今日はまたまた経営理念に関する話なんですが、お店の目指すべき方向性とか経営姿勢、価値観などは所属する従業員の皆さん全員が「共有」していなければなりません。

全員が経営理念を理解し、それを実現するために行動するからこそ、お店の方向性が統一され、強いチカラとなってお店の繁盛に繋がっていくのだと思います。

なので、経営理念が全員に理解されてなかったり、共有されていない状態だと、みんなの行動がバラバラになってしまい、経営理念はただの言葉になってしまいます。

経営理念はただ作ればいいってものではないんです。

では、どうやって従業員の皆さんに経営理念を理解してもらうのか。

壁に貼って毎日読み上げる?

これもかなり大切な活動ですが、もっと重要なことがあります。

それは、経営理念に沿った行動をしたスタッフさんや従業員がいたら、それをみんなの前で褒めること。
そしてこの行動を粘り強く続けることだと思います。

褒められた本人のモチベーションも上がると同時に、お店の中の価値観の共有に繋がり、お店の目指すべき方向性の統一がはかられるのではないでしょうか。

経営者や管理者の立場になると、ついつい売上とか利益などの結果だけを見てしまいがちだと思いますが、スタッフさんや従業員のこういった小さな行動をきちんと見てあげることも重要な管理者の仕事だと思います。

この記事に含まれるタグ : 人材育成 経営理念 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お店の価値観をみんなで共有したい時に大切な管理者の仕事 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-275.html

2010/06/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ブレのない経営者を目指すなら、サロン経営の目的をハッキリさせること

   ↑  2010/05/22 (土)  カテゴリー: 美容室経営
こんにちは。

サロン経営の目的をハッキリさせるという事は以前の記事でも書いた記憶がありますが、最近やっぱり大事だな、と思って再度記事にしてみようと思います。

「経営の目的」といってもなかなかピンと来ないと思いますが、言い換えると「世の中に対して自店はどんなことで役立っていくのか」ということを表したもので「自サロンの存在意義」といってもいいかもしれません。

経営の目的をハッキリさせた上で、それを達成するために具体的にどんな方法で経営していくのか、これを明確にしたものが「経営方針」です。
※経営の目的と経営方針をまとめたものが「経営理念」といわれています。

「経営の目的」や「経営方針」をハッキリさせるのはなかなか難しいのも事実です。
が、これをハッキリさせないと、ただでさえトレンドや流行の変化の激しい理美容業界にいる上に、経済環境の変化が激しい近年の情勢を踏まえれば、経営者としてブレが出やすい状況となってしまうでしょう。

様々な経営判断をする時に、この「経営の目的」や「経営方針」に立ち戻って考えると、ほとんどブレは出ないのではないでしょうか。

例えば、新商品を導入する時に、AとBという商品で迷ったら、どちらが自店の経営目的や経営方針に合っているか、考えてみたり、採用をする際、A君とB君で迷ったら、どちらが自店の経営目的を遂行してくれそうか考えてみたり。

また逆に考えれば、経営目的や経営方針に基づいてメニュー構成を考えたり、接客対応を見直したり、採用に当たっての理想像を決めたりするべきなのではないかと思います。
経営理念



でも、実際は「経営目的って何ですか」って聞かれてもスグには答えられないって方も多くいらっしゃいます。
そういう場合、創業時のことを思い出すといいかもしれません。

「あの時、どういうことを考えてお店を建てたんだっけ」
「どうして経営者になろうと思ったんだろう」

おそらくお一人で考えてもなかなか浮かばないと思いますので、誰かを話し相手にしながら当時のことを思い出してみてください。
スタッフさんでも、奥様や旦那様でも、他業種の友人でも、話に付き合ってくれる人なら誰でもいいでしょう。
(もちろん、コンサルタントでもw)
話をしながら、「あ、これがうちの店の経営目的なんだ」というものが見付かってくるはずです。


経営理念に関する以前の記事

理念と連動する人事評価

WBCに見る「理念」の大切さ

この記事に含まれるタグ : 経営理念 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ブレのない経営者を目指すなら、サロン経営の目的をハッキリさせること この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-273.html

2010/05/22 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

理念と連動する人事評価

   ↑  2009/12/11 (金)  カテゴリー: 美容室経営
こんにちは。


以前も経営理念についての記事を書かせていただきましたが、理念を作ったとしてもなかなかそれが経営の根源にならず、お店の運営などに反映できない、という悩みも多いのではないでしょうか。

特に人事評価に関する部分にしっかり反映されていないと、実務と理念が分断され、絵に描いた餅になってしまいます。理念を実現するのは経営者だけではなく、組織全体でやっていかなくてはならないからです。

例えば、「私たちは地域に貢献して社会の役に立つ」という趣旨の経営理念を掲げても、人事評価が売上などの業績を重視していたら、理念はそっちのけで「売上を上げていれば良い」という社風になってしまったりするのが自然でしょう。

評価基準とお店や会社が目指す理念を結びつけることが、経営理念を実現するためには非常に重要なことだと思います。


ケンタッキーフライドチキンでも、2年ほど前までは会社の目指す方向性の変化と人事評価を合わせられず、うまくいかない時期があったようです。
それまでのケンタッキー店舗の評価基準は、接客の「効率」と「スピード」が重要視されていたようですが、会社の方向性は「CS(顧客満足度)」に変化しつつありました。
しかし、その評価基準が「スピード」などの効率重視のままだったので、会社の方向性の変化がなかなか浸透しなかったようです。
そこで店舗の評価基準をCS重視に変えたところ、ようやく店舗まで浸透したそうです。

接客スピードなどの効率と顧客満足度は相反しやすい基準なので、転換が非常に難しいということでしょう。
会社の方向性を浸透させるのであれば、人事評価などを含めた組織にかかわる全てのことを一緒に転換していく必要があるということです。


理美容業でも経営理念が実務まで浸透して、見事に成功している会社があります。
北九州市にある美容院BAGZYです。

BAGZYさんでは、経営理念に「敬愛(すべてに愛をもって取り組みます)」を掲げていますが、評価基準もそれに合わせたものになっています。

例えば、辞めると言い出した社員を引き止めたら「縁の下の力持ち賞」、お客様が泣くほど感動したら「天使の仕事賞」などです。
こうした評価基準により、社員に「敬愛」という理念が非常に浸透し、社員が自主的に「理念を実現するためにはどうすればいいか」ということを考えながら仕事をしています。


もちろん、ここまで理念が浸透するには、毎朝理念を声に出して読み上げたりするなど、様々な工夫が必要となりますが、その中でも「理念を実現するための評価基準」というのは非常に重要な要素だったのだろうと思います。


この記事に含まれるタグ : 美容室経営 経営理念 人事評価 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 理念と連動する人事評価 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-229.html

2009/12/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。