美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: 経営戦略 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

どのお店を「競合」と考えるか、によって戦略は変わる

   ↑  2011/02/14 (月)  カテゴリー: 美容室経営管理
こんにちは。


今回は「競合」の話です。
理・美容室は同じ商圏内に同業店舗が多く、「競合」という概念が薄れがちです。

ただ、自店の戦略とか戦術を考えるに当たって「競合」という要素を考慮に入れないわけにはいきません。
なぜかというと、「競合」をどこのお店にするかによって、自店の強みが変わってくるからです
競合に対抗するのに用いる自店の強みが変わってくれば、自ずと戦略も変わってきます。

ちょっと分かりにくいので「ファミレス」を例にとってみましょう。

ファミレスの競合として考えられるのは、まず、ランチタイムでの競合です。
例えば、吉野家やすき家、ラーメン店、街の小さな定食屋さんなど。

これらのお店を競合として考えると、ファミレスはどの強みで対抗していけば良いか。
例えば、
・広い敷地を活かした多くのテーブル席
・メインメニューの他にもサイドメニューがあったりするメニューの豊富さ
・大きめの駐車場がある

上に挙げた競合店にはない「強み」がいくつか出てきました。
この「強み」を活かすと、例えば、昼休みに大勢で来て、食べた後はちょっと落ち着きたいOLや会社員にとっては魅力のあるものになるでしょう。


また、ファミレスはスタバ、ドトール、マクドナルドなども競合と考えられます。
学生が何かドリンクを飲みながら勉強したい時、またはビジネスマンが外出先で何か作業をしたい時などは、おそらくスタバやドトールに行くか、ファミレスに行くか、ということで競合することが予想されます。

これらのお店に対する強みは、
・何度もお代わり出来るドリンクバーがある
・比較的出入りが少なく、落ち着ける

これらの強みは、コーヒー一杯で長時間居座るのは気が引けるけど、ドリンクバーなら・・・という学生さんには魅力あるものになるでしょうし、静かな場所で作業したいというビジネスマンにとっても魅力のあるものになるでしょう。

ファミレスの強み



このように、「競合」をどこに設定するかによって、自店の「強み」も変わってくるということです。
競合に対抗するための「強み」が変わってくれば、自ずと自店の戦略自体も変わってきます。
なので、経営戦略を考えるに当たって、「競合」という概念は外せない要素だということです。


理美容業の場合で考えた時も同じです。
競合をどこのお店にするかによって、自店の強みは変わり、それに伴い打つべき戦略も変わります。
競合と戦略

例えば、大型チェーン店を競合にした場合、格安美容室を競合にした場合、地域密着店を競合にした場合、それぞれ自店の強みはどこになるでしょうか?
競合に対して、効果的な強みがない場合、その競合を避けることも判断の一つです。

ぜひ「競合」を意識して考えてみてください。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 美容室経営 経営戦略 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - どのお店を「競合」と考えるか、によって戦略は変わる この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-294.html

2011/02/14 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。