美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: 理容業界 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

韓国の水なしシャンプー美容室と1000円カット専門店

   ↑  2009/12/06 (日)  カテゴリー: ニュース
こんにちは。

私はスキマ時間にブログを更新しているのですが、最近はなかなかまとまった時間が取れなくて、下書き状態のまま保存してある記事が多くなってきました。書くべき話題は結構あるんですが・・・。
12月はなかなか更新ができなさそうです。



水なしシャンプーを使用したサロンが韓国で登場したようです。
「水なしシャンプー」美容院がソウル市内の駅に登場 | Chosun Online | 朝鮮日報 「水なしシャンプー」美容院がソウル市内の駅に登場 | Chosun Online | 朝鮮日報


(以下引用)
宇宙飛行士が使うものに似た特殊なシャンプーを使用する。乾いた頭にシャンプーを広げ、手で泡立てた後、使い捨てのタオルでふき取る。カットした髪は掃除機のような吸引機で吸い込む。

便利で簡単、経済的でリーズナブル。水道料や給湯コストもかからず、タオルの使用枚数も少ない。経営コストは普通の美容院の3分の1程度だという。韓国の研究陣が開発した特殊シャンプーを独占して使用、その一方でシャンプーを200ミリリットル9000ウォン(約710円)で一般に販売もしている。料金は6000ウォン(約470円)。中高校生と65歳以上のお年寄りは5000ウォン(約390円)だ。



水なしシャンプーというと、大きな病院の売店に売っているのを見かけたことがありますが、あれと同じようなものでしょうか。思ったよりも価格が高かった覚えがあります。

この記事には写真がないので分かりませんが、お店のコンセプトは、そのコストや駅前立地に出店していることなどから考えて、日本の1000円カットに似たものでしょう。

1000円カットといえば、以前から議論されている洗髪設備問題が各都道府県に広がってきました。

「1千円カット」も洗髪設備を、義務化が加速 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 「1千円カット」も洗髪設備を、義務化が加速 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

(以下引用)
「カットのみ、10分1000円」など低価格を売りものに店舗を増やすカット専門の理容店にも、洗髪設備を設置するよう条例で義務付ける動きが加速している。

店が全国に広がり始めた2007年以降、条例を制定したのは10県。06年以前の条例化も合わせると19道県となり、宮城、山形両県は開会中の県議会に条例案を提出した。「髪を洗わないのは不衛生」という理由だが、カット専門店からは「営業に支障が出る」と反発の声が上がっている。



以前よりも多くの都道府県で議論されるようになっており、その結論も洗髪設備義務付けの条例を出す行政区もあれば、見送る行政区もあり、難しい問題になっているようです。

消費者を守るためにある程度のルールは必要ですが、その上で様々な工夫やアイデアを駆使してビジネスは成長していくのではないかと思います。
洗髪設備の義務付けとはあまり関係ありませんが、韓国の水なしシャンプー美容室が良い例かもしれません。
コストなどまだまだ改善の余地はありそうですが、不衛生という問題はクリアになりますし、消費者にとっても良いことなのではないでしょうか。


スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 理容業界 水なしシャンプー 1000円カット 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 韓国の水なしシャンプー美容室と1000円カット専門店 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-228.html

2009/12/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

格安カット店に洗髪設備の設置義務づけ /「業界圧力」との指摘も

   ↑  2009/10/01 (木)  カテゴリー: ニュース
こんにちは。

1000円カット店の洗髪設備をめぐる議論は各都道府県で行われてきましたが、群馬でも洗髪設備が義務付けられる条例施行が決まったようです。


★まぐまぐニュースより引用
格安料金が人気のカット専門店に対し、群馬県が衛生上の理由から洗髪設備の設置義務づけを決定。対象は新規に出店される理・美容店で、来年秋以降に新条例が施行されることが分かりました。

昨年8~9月に群馬県が実施した県民アンケートでは、県民の6割以上がカット専門店の衛生状態について「特に問題はない」「快適ではないが、不衛生であるとは思わない」と回答。

これを受け今年5月には、有識者らによる県の検討委員会が「県内では、洗髪に関する苦情やトラブルは確認されていない」「積極的に洗髪設備の設置を条例化する必要はない」との報告書を提出していました。

ネット上の掲示板やソーシャルブックマークでは「何のための県民アンケート?」「客のニーズよりも業界の圧力」「新ビジネスモデル叩き」「ニーズに合ってるのになんてことすんだ?」など批判の声が集中。義務づけに賛成する意見はほとんどないようです。



県民アンケートでは1000円カットに洗髪設備がないのを概ね受け入れているようですので、今回の決定に疑問を持つ声が上がるのは無理もないことでしょう。

そもそも低価格の理容室が流行っているのは、「髪を洗ったり髭をそったりするのは家でやるから、その分お店にいる時間を短くして、低価格で散髪したい」という消費者のニーズに合っていたからです。
そういった消費者のニーズをしっかり満たしたからこそ、これだけ店舗数が増えてきたのでしょう。

ただ、従来のようにしっかりと施術してもらって、髭も髪もきれいにしたい、という消費者もまだまだ大勢います。また、髪を切るのはもちろんだけど、薄毛が気になるからしっかりとケアもしてもらいたい、という消費者もいるでしょう。つまり消費者のニーズは多様化してきているのです。

理容業界をもっと盛り上げるには、これらの消費者ニーズに応えられるようなさまざまなタイプの店舗が必要なんだと思います。
ですから、新しく出てきたビジネスモデルを攻撃するのではなく、もっともっと歓迎し、お互いのよいところを吸収し合って協力しながら活動していったほうが理容業界のためになると私は考えます。


もちろん賛否両論あると思いますし、すぐに解決できる問題でもありません。
ただひとつ言えることは、いつでも消費者の方を向けば答えは見つかる、ということです。



ブログランキング参加中です!

この記事に含まれるタグ : 1000円カット 理容業界 業界動向 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 格安カット店に洗髪設備の設置義務づけ /「業界圧力」との指摘も この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-184.html

2009/10/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。