美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: 差別化 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

差別化が徹底している歯医者さん

   ↑  2009/10/05 (月)  カテゴリー: 美容室経営
こんにちは。


Twitterでフォローさせていただいている長谷川博之さんのブログで紹介されていた歯医者さんは非常にユニークです。

その名も『白金こどものはいしゃさん』

このホームページを見てもらえれば一目瞭然ですが、
小児歯科という分野を徹底的に追及した差別化戦略です。

・スタッフはみんな子どもに優しいイメージのコスプレを着用。

・内装も保育園のような雰囲気。

・キラキラ通信とよばれる手書きでPOPなニュースレター。

・七夕やクリスマスパーティのような患者さん向けのイベント。

・子どもが意欲的に歯の予防ができる表彰状制度。


全ての施策がキレイに小さな子どもとそのお母さん向けになっています。


理美容業界でも最近はKIDS専門サロンが登場しています。

kid's専門サロンchoki-choki【チョキチョキ】もコンセプトを完全に
「小さな子ども向けのヘアサロン」としています。

自由が丘のバーバキッズも子ども向けで、セット面や器材などに工夫が見られます。

このように何かに特化することによって、お店を一言で表せるような
コトバができ、(ここでは「あのこどものはいしゃさんでしょ。知ってる知ってる!」)
クチコミに発展しやすくなります。

そして、何かに特化しているということを消費者にカタチにして伝えること。

「こどものはいしゃさん」はホームページ、外観、内装、スタッフの制服、イベントなどで、自分達の医院のコンセプトを分かりやすく伝えています。

以前も昭和風の内装にトコトンこだわった美容室をご紹介しましたが、
あのお店もオーナーの想いを外装というカタチにして消費者に伝えていました。



自分の想いを伝えるために外装とか内装を変えるのはハードルが高いかもしれませんが、ニュースレターやイベントなどであればスグに実行できそうです。

少しでもヒントになったなと思ったら、是非試してみてください。




ブログランキング参加中です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 差別化 口コミ 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 差別化が徹底している歯医者さん この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-186.html

2009/10/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。