美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: 客単価UP の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

美容室の店販商品

   ↑  2009/09/29 (火)  カテゴリー: 客単価UP
こんにちは。

またまた更新が出来ない期間が出来てしまいました。
毎日更新したいところですが、なかなか難しいようです。


本日は美容室で扱う店販商品について。

先日、プレスリリースを扱うサイトから「理美容市場向けのハーブティー販売開始」という情報が入ってきました。エステティックサロンなどでは既に人気商品となっているようで、今回ヘアサロンの専売品として本格的に販売を開始したようです。

ブレンド処方によって美髪目的にしたり、代謝を良くしたり、整肌目的にしたりできるのでカスタマイズが効きそうです。また、プロ御用達の「専売品」ハーブティというのもウリになりそうですね。



理美容室は消費者にとって最も身近な「美」スポットだと思います。こういったハーブティなどでも、身近な理・美容室に置いてあって、自分のために処方してくれるようなものなら、かなり売れる見込みが立つでしょう。

もっと発展すれば、ハーブティだけではなく、美容に良いとされる食材やレシピの提案などもしていき、長期的に「美」にこだわる食生活のプランニングなどを提供すれば面白いかもしれません。

これは、消費者にとって最も身近で、消費者個人の情報を比較的知ることの多い理美容業界だからこそ出来る芸当だと思います。顧客との接触時間が長いのも利点ですね。



また食品以外でもヘアアクセサリーなどにも店販商品としてのニーズがあるかもしれません。
ブティックなどとコラボしているサロンも既にあるので、それほど目新しくはないかも・・・。

今月のHOT PEPPERにも特集されていましたし、やはりヘアスタイルはアクセサリーを含めてのものなのではないでしょうか。(もちろん、その感覚には個人差がありそうですが)
アクセサリーも含めてのヘアスタイルの提案であれば、季節感も出しやすくなりますし、スタイルチェンジの需要も高まるかもしれません。



ということで、私が考えられる範囲でも店販商品にはけっこう拡大の道がありそうです。
(男性のオーダーメイドスーツを扱う理容室もあったりします。)


・顧客1人に対してとことん接客できる
・比較的滞在時間が長い
・顧客情報が比較的容易に入手できる(カルテ記入やカウンセリングなど)
・平均2ヶ月~3ヶ月に1回は来店する
・顧客にとって最も身近な美に関するスポット

上記のような理美容業界の強みを活かしていき、もっともっと顧客の役に立とう、という信念さえあれば必ずや店販商品の拡大は成し遂げられると思います。
それだけまだまだ開拓できる余地のある市場です。



ブログランキング参加中です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 美容室店販 客単価UP 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 美容室の店販商品 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-181.html

2009/09/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。