美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: 地域密着経営 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

餃子の王将の地域密着

   ↑  2009/08/27 (木)  カテゴリー: 新規客対策
こんにちは。

今週のプレジデントに餃子の王将の記事が掲載されていました。

経常利益90%増、既存店売上24ヶ月連続増など凄まじい実績を叩き出している王将チェーンですが、そのチェーン展開の特色は個々の店舗でメニューが違ったり、販促企画も店によって特色があるところでしょうか。

例えば、住宅街にある王将は子供向けメニューが充実していたり、オフィス街にある王将は健康を気遣った野菜系メニューが多かったり、学生が多く住む町の王将はボリュームを重視したメニューになっていたりするようです。

それだけでなく、集客のためのキャンペーンも本部主導ではなく各店で特色を打ち出した企画を行うことが可能だそうです。

例えば、京都のお店では「学生の場合、お金が無くても30分皿洗いをすれば定食タダ」という企画を行っています。
非常に太っ腹な気がしますが、会計的に見るとそれほど損にはならず、また、今はお金の無い学生が王将に親しみを感じ、将来リピーターになってくれれば御の字ということだそうです。

他にも『着物・浴衣着用のお客様には料理一品サービス』、『制限時間内に超大盛キムチスープ焼めしを食べると代金無料』など各店の店長が知恵を振り絞って考えた企画がたくさんあり、このような地域に根ざした各店の施策は、王将の新規客獲得からリピーター増加の一翼を担っています。



以前までのファミレスなどのチェーン店は、全国で同じメニューだったり、販促企画も全店合同で行っていました。
しかし、最近ではマクドナルドなどの大企業も地域で価格設定を変えたりして、地域の特性を考えた経営をしています。王将も、上記のように各店の店長に裁量を目いっぱい持たせて、地域の特色にあわせた店舗経営をしています。


理美容業にとっても、地域密着というのは非常に重要なキーワードになります。
小さい商圏の中で戦っていかねばならない業態なので、より地域とのつながりが求められるでしょう。

といっても現在までは「地域密着」を重視しているお店は多くあれど、なかなかそれを顧客に伝えることが出来ていないお店が多い気がします。
理美容室にとって、「地域密着」は当たり前かもしれませんが、それをきちんと目に見える形でお客様に伝えていくことが出来ないと、お客様の方もお店に対して親近感が沸くことはないと思います。

美容室が行っている地域密着施策


・地域の住民向けに特化したメニューを作る、
・地域の役に立ちたいという宣言を書いた経営理念をトイレに貼る、
・地域のお祭りなどにお店として参加する、
・自治会などにも積極的に参加する、
・近くの高校や中学に社会科の特別講師として参加する、
・老人ホームに訪問理容ボランティア

など、「地域密着」を目指して具体的に活動を行っているサロンさんも存在します。
他にも地域の役に立ったり、地域に根ざした施策は多くあると思います。是非考えてみてください。


(参考:プレジデント2009.9.14号)

ブログランキング参加中です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 地域密着経営 美容室販促 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 餃子の王将の地域密着 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-165.html

2009/08/27 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。