美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: 問題解決 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

自分の答えのつくりかた

   ↑  2009/05/26 (火)  カテゴリー: 美容室人材育成
こんにちは。

昨日、渡辺健介氏の著書「自分の答えのつくりかた」を買ってきました。
渡辺氏はベストセラー「世界一やさしい問題解決の授業」の著者として有名です。

早速一読しましたが、「小説+解説」という非常に分かりやすい形式で、問題解決や意思決定能力をどのように身に付けるかを明快に説明してくれています。

問題解決や意思決定というと、ビジネス的なイメージをしてしまいますが、本書では海外留学先を決定する際のエピソードが描かれていたり、的確な問題解決をするための人間的土台を作るためにはどうすればよいか、という思考テクニック以外の部分も解説されていて、ビジネスの場以外での生活にも役立つ書だと思います。(もともと中高生向けの本ですが)




さて、美容室経営の場でも、何度と無く意思決定の場にさらされます。
経営者はその場で迅速に、かつ、的確に舵取りをしていかねばなりません。
このとき発揮すべき能力が問題解決思考による意思決定能力です。

また、経営者ばかりではなくスタイリストさんやアシスタントさんであっても、自分の目標を達成するためにはどうすればいいか考える時もあったり、自分の人生において選択を迫られる場面もあったりします。ここでも意思決定の的確さが求められます。

問題解決や意思決定のプロセスには、どんな考え方をすればいいか多少なりともコツが必要です。

しかし、問題解決や意思決定の前に「問題を自分のこととして捉える」ことがまず第一前提なのです。
本書にも解説されていますが、ひとは問題が起こった現実を直視できず、周りの環境のせいにしてしまったり、「調子が悪い」の一言で片付けてしまったりしがちです。
かくいう私もそのような傾向があります。

起こった問題を自分のこととして捉えず、周囲の環境のせいにしてしまえば自分はラクです。
ですが、渡辺健介氏の言葉を借りると、それで「おしまい」です。
自分の行動や成長はゼロです。

反対に、起こった問題を自分のこととして受け止め、「どうすれば上手くいくだろう」とか「どうすれば問題を回避できただろう」という思考回路になれば、結果、プラスの行動が生まれ、少しづつでも成長の可能性が出てきます。

なので、まずは第一前提の「自分の問題意識を高め、行動する」ことが非常に重要だと思います。

「起こった問題を自分のこととして考え、解決に向かって自分の答えを出し、実行する」
こういったことが出来る自立したスタッフや経営者がいる理・美容室であれば、必ずそのお店は繁盛するでしょう。逆に言えば、繁盛店になるためには「自立した人材」の育成が最も重要、と言えます。

ご興味のある方は是非お読みください。


↓ブログランキング参加中です。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 書籍 人材育成 問題解決 美容室経営 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 自分の答えのつくりかた この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-114.html

2009/05/26 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。