美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: 人材育成 の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

売ろうとするのではなく、お客様のことを考える

   ↑  2010/07/13 (火)  カテゴリー: 美容室 接客
こんにちは。

Business Media 誠に「売らないでいい、まずはお客さまのことを考える」ということを浸透させて、売上を900%アップさせたアパレルショップの記事がありました。

「売らない」で売上900%増のアパレルショップ

「売上優先」とか「売上至上主義」になってしまうと、どうしても現場で「競争」が生まれ、時にはギスギスした雰囲気になってしまうこともしばしばあるかと思います。

このアパレルショップの成功の要因は、売上で競争するのではなく、売り場やお客様を良く観察し、「気付きの共有」を現場で最優先にしていたことだ、と述べられています。

以下引用
※北山さんという方がこのアパレルショップの店長です。


人は見ているようで意外に見ていない。店のスタッフも見落としていることが多い。お客さまを、店の中を、ほかのスタッフの動きを、そして商品の動きまで「徹底的に見る」ことが「気づき」につながり、気づきが行動を変える。お客さまはその変化に、意外と敏感だ。

「売ろうとしているときには、いろんなことが見えなくなってしまう。バッドタイミングの声がけ、自由に見ていただくことができないなど、売りつけようとすると結局、集客ができない店になってしまう。お客さま目線を持ち、選んでいただく気持ちで接すれば、お客さまのニーズに気づき、お客さまに居心地がよいと思っていただけるのです」と北山さんは分析する。
お客さまをよく「見る」ことが必要だった。それには自分の眼だけでは足りなかった。一人一人の視野は意外に狭い。死角がある。それをカバーするためには売り場に立つスタッフ全員の「眼」を集めることが重要だ。

「それが、最強のチームづくりにつながるんです」と北山さんは言う。

 A子さんとB子さんでは当然個性が違うから、同じものを見ても見る角度、気づくことが違う。そこが重要なのだと言う。スタッフたちからのそうしたいろんな気付きを足し合う(北山さんは「気付き合い」と表現する)ことで、6人いれば6倍の気付きが生まれる。それをお店全体で共有することができれば、確かに、すごい店になる。


 しかし実際「気づき合いの徹底」ができている店は、意外に少ない。その原因が「売上げでスタッフを競わせるマネジメント」にあることは明らかだ。

 お店の中でスタッフ同士が売上競争していては「気づき」は自分だけの財産、武器としてスタッフ1人1人の中に囲い込まれ、共有されることはありえない。せっかく売り場で経験を積んでも、業績が低くて怒られ続けたらそのスタッフはお店を辞めていく。せっかくの気付きの芽はそこで途切れてしまう。

 「だから、売らないでいい、まずお客さまのことを考えてください、と店のスタッフに言ったのです」と北山さんは言う。




私も以前記事にしましたが、
スタッフ同士の情報共有で店舗の成長をはかろう

理美容室でも基本的にお客様とスタイリストは1対1の関係です。(もちろん、アシスタントや他のスタイリストさんが介入する理美容室もありますが)
お客様に応対する中で得た気付きや情報は、担当したスタイリスト以外分からないのが現状だと思います。

そういう状況の中で、もし激しい売上競争の中に身を置いていれば、ライバルである他のスタイリストさんに「気付き」や「ヒント」を渡したくなくなるのは自然の理かもしれません。
あまりに競争が激しいと「共有」という意識が薄れてきてしまうのでしょう。

同じような状況に置かれていたこのアパレルショップの北山さんは、情報共有をしにくくさせる競争文化を無くし、全員で店舗を成長させようという「共有文化」を持ち込みました。

北山さんは、競争文化を共有文化に変えることで「情報」という“商売道具”を店舗全体で共有し、そのことで店舗全体の業績を飛躍的に向上させた。つまり、業績UPのものさしを、個人間の業績数字競争から、店舗全員での情報共有度UPの取組みへ、と大きく転換したのだ。

積極的に共有度を高めている組織では、相互の信頼感が上がり、チームワークがとても円滑になる。その結果、顧客満足度が上がり、業績も向上する。こういう状態にある組織(チーム)は非常に強い。




「店舗全員での情報共有度UP」というのは理美容室にも当てはまる課題です。
チェーン展開しているサロンはもちろんのこと、スタッフ人数の多い店は特に直面する課題でしょう。
今回のこの記事の手法はかなり思い切ったものですが、ひとつのヒントになりえるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 美容室接客 人材育成 ナレッジマネジメント 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 売ろうとするのではなく、お客様のことを考える この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-280.html

2010/07/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

お店の価値観をみんなで共有したい時に大切な管理者の仕事

   ↑  2010/06/11 (金)  カテゴリー: 美容室の組織風土
こんばんは。

ダメですね~。更新頻度が大幅に落ちちゃいました。。。
Twitterはなんとかかんとか毎日つぶやき続けているんですけどね~。
ちょっと仕切りなおして更新頻度を上げていきたいな、と思っています。


今日はまたまた経営理念に関する話なんですが、お店の目指すべき方向性とか経営姿勢、価値観などは所属する従業員の皆さん全員が「共有」していなければなりません。

全員が経営理念を理解し、それを実現するために行動するからこそ、お店の方向性が統一され、強いチカラとなってお店の繁盛に繋がっていくのだと思います。

なので、経営理念が全員に理解されてなかったり、共有されていない状態だと、みんなの行動がバラバラになってしまい、経営理念はただの言葉になってしまいます。

経営理念はただ作ればいいってものではないんです。

では、どうやって従業員の皆さんに経営理念を理解してもらうのか。

壁に貼って毎日読み上げる?

これもかなり大切な活動ですが、もっと重要なことがあります。

それは、経営理念に沿った行動をしたスタッフさんや従業員がいたら、それをみんなの前で褒めること。
そしてこの行動を粘り強く続けることだと思います。

褒められた本人のモチベーションも上がると同時に、お店の中の価値観の共有に繋がり、お店の目指すべき方向性の統一がはかられるのではないでしょうか。

経営者や管理者の立場になると、ついつい売上とか利益などの結果だけを見てしまいがちだと思いますが、スタッフさんや従業員のこういった小さな行動をきちんと見てあげることも重要な管理者の仕事だと思います。

この記事に含まれるタグ : 人材育成 経営理念 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - お店の価値観をみんなで共有したい時に大切な管理者の仕事 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-275.html

2010/06/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

理美容師さんにとっての『技術力』って?

   ↑  2010/03/24 (水)  カテゴリー: 美容室経営
こんにちは。


今日は日頃から思っていてなかなかテーマに出来なかった『理美容師さんの技術力』について。

理美容師さんの技術力って何だろう、という疑問を常日頃から感じていました。

支援させていただいている理美容室などのミーティングや普段の何気ない会話、またはインターネットのいろいろなお店のホームページやブログの中で、私はよく「技術力」という言葉をよく耳にします。

「技術力を上げるためにこれから練習します。」
「今年の課題はお客様に喜んでもらえるような技術力UPが課題です」
「技術力の高さがウリのサロンです」
「確かな技術が信頼の証」




などなど、「技術力」や「技術」という言葉は本当にたくさん耳にします。


が、非常に曖昧な言葉だなあ、と私は感じてしまっていて、いつもピンと来ません。

「理美容師出身でもない奴が何を言うか」と怒られそうですが、理美容師さんの技術の高さって何だろうと考えると、いろいろな解釈が出てきて、「技術力」という言葉で片付けてしまうと危険というか勿体無い気がします。

例えば、
ある新人スタイリストさんが一年の課題に「技術力UP」という課題を掲げたとしても、「じゃあ、技術力を上げるために何をするの?」という疑問がすぐに出てきてしまいます。
人によっては「時間内でお客様のスタイルを作り上げるスピード」であったり、「お客様に似合う髪形を発見するセンス」であったり、「流行のスタイルを研究した知識」であったりします。

そう、同じ技術力UPだったとしても人によってやることが変わってくるのです。

また、お客様目線から見ても、「技術力」という言葉の意味も若干変わります。
「理美容師さんの技術力の高さ」=「自分が希望した髪形を作ってくれる能力の高さ」ではないでしょうか。または、「自分に似合う髪形を探してくれて、それを作り上げてくれる能力の高さ」だと思います。
必ずしも「カットそのものの技術」や「最先端の技法」ではない、ということです。

なので、極端なことを言えば、基本的なカットの方法を学んだばかりのスタイリストさんであっても、お客様にとっては自分の希望した髪形をきちんと作ってくれたり、自分の似合う髪形を探してくれてそれを実現してくれれば、そのスタイリストさんは「技術が高い」ということになるのではないでしょうか。

逆に、いくらコンテストで優勝したり、最先端のカット技術をもっていたとしても、このお客様目線から見た『技術力の高さ』を外してしまっていては、お客様は「技術が高い」とは思ってくれないでしょう。

このお客様目線から見た「理美容師さんの技術力」という概念は非常に重要だと思います。


つまり、理美容師さんがよく口にする「技術力」と、お客様がお店のことを話題にしたりする時に使う「技術力」というのは意味合いがかなり違っている、ということ。


だから、「技術力を上げよう」と考えた時、お客様目線から考えるとたくさんの必要な能力が出てくるのではないでしょうか。

例えば、

お客様の希望を聞き出す能力
お客様の髪などに関する悩みを聞く能力
お客様の潜在的なニーズや課題を発見してあげる能力
お客様の希望や課題を解決できるようなスタイルを分かりやすく提案できる能力
そのスタイルを時間内に作り上げられる能力
様々な希望や課題に対して、それを実現・改善できるだけの幅広い技法習得
お客様に似合う髪形を発見するセンス





もちろん、カウンセリング能力、という言葉で片付けられる能力もあるかもしれませんが、おそらくお客様から見るとその能力も絡めて「技術が高い」ということになるのだ、と思います。

なぜなら、お客様にとっては「理美容師さんの技術力の高さ」=「自分が希望した髪形を作ってくれる能力の高さ」だし、「理美容師さんの技術力の高さ」=「自分に似合う髪形を探してくれて、それを作り上げてくれる能力の高さ」だから。

お客様目線から考えた「技術力」ということを常に意識しておくと、スタイリストさん自身の課題が見えてきたり、次にやるべき行動がより分かりやすくなってくるではないか、と考えて記事にしてみました。

この記事に含まれるタグ : 技術力UP 人材育成 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 理美容師さんにとっての『技術力』って? この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-257.html

2010/03/24 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

働く意欲

   ↑  2010/02/16 (火)  カテゴリー: 美容室人材育成
こんにちはー。

今朝、ダイヤモンド・オンラインに興味深い記事が掲載されていました。

働く意欲は入社2、3年目で急降下!?
調査でわかった“若者が3年で辞める”本当の理由


以下引用

JTBモチベーションズが今年1月、入社1年目~3年目(22~25歳)の若手社員を対象に行ったアンケートによると、「さらに成長したい」「今の会社で働き続けたい」といった仕事に対する意欲は、入社2、3年目で低下するという結果が出た。



新入社員アンケートグラフ



「今の仕事に喜びを感じている」に「あてはまる」「ややあてはまる」と答えた入社1年目は合わせて57.2%とだったのに対し、入社2年目で計36.9%、3年目で28.2%と減少している。「今の会社で働き続けたいと思っている」「さらに成長していきたい」「今の仕事が好きである」の項目についても同様に肯定的な回答が減少する結果だった。




なぜ入社した3年間にモチベーションが低下していくのかについて、この記事ではこのように分析しています。

入社2、3年目で意欲が低下する傾向については「目標達成による成長、研修受講、自己のふりかえり、ストレス発散ができなくなることや職場の人間関係への満足度が影響している可能性」を指摘している。若手社員の多くにとっては、報酬や安定性よりも、「自己の成長」がモチベーションにつながっている現状があるようだ。


だからこそ、多くの若者は「自己成長」が感じられなくなると、働くことへのモチベーションが低下する、ということのようです。

相次ぐビジネス的自己啓発本のヒットに見られるように、「上昇志向を持つこと」がビジネスパーソンの必須項目であるかのような刷り込みがある。常に前進している実感がないと焦りを感じるのだ。入社1年目では業務についていくことに必死になり、目に映るものも新鮮だが、2年目に同じ仕事をしているというだけで、今の若者は「停滞では」と感じるのかもしれない。希望する会社に入れなかった新入社員ならなおさらのことだろう。





「自己成長」を、仕事へのモチベーションとすることは非常によいことだと私は思います。
現在の20代前半の世代はよく「ゆとり世代」などと揶揄されますが、より高いレベルに自分を持っていきたい、という自分に関して高い目標を持っているのもゆとり世代と言えるのではないでしょうか。

ただ、モチベーション源の中で、この「自己成長」の比率が高すぎると、いったん「自己成長出来ていないな」と感じてしまえば、他に仕事へのモチベーション源が見つからず、上記の分析のような今の仕事に対する意欲の低下に陥ってしまうのではないでしょうか。
ここで新人さんが「自己成長」以外に、モチベーション源となる「仕事へのやりがい」を見つけられるか、見つけられないかでものすごく変わってるんだと思います。

入社2年目、3年目くらいだと経験も浅く、まだまだガムシャラに働いている時期なので、このような「やりがい」や「仕事の意味」のようなものを見つけられないことが多いのではないでしょうか。

ここで大切なポジションにいるのが、経営者や管理者・マネージャーのような経験深い方々だと思います。
新人や経験の浅い方々に、自分達の仕事の価値や、自分達が仕事することで世の中にどんな役立ち方をしているか、を語ってあげることが「自己成長」以外の仕事のやりがいに気付くキッカケになるのではないでしょうか。
「自分の仕事はこんなに多くの人の役になってるんだ」と感じられれば、仕事へのやりがいに繋がっていくのではいないでしょうか。


例えば、理・美容室なら、
●自分が担当したお客様にはもちろん、そのお客様を取り巻く周りの人たちにも自分達の仕事が役立っていたり、一人のお客様を施術すると、いろいろな人達の感情にも影響を与えているんだ、ということ。

(施術したお客様はキレイになって嬉しい→自宅に帰ったら旦那・彼氏が褒めてくれた→パートナーがきれいになって嬉しい旦那や彼氏→きれいになったパートナーと一緒に外出してまた嬉しい)

●お客様からの反応を分かりやすく吸い上げるシステムを作り、それを見えるようにすること。
お客様からの反応を直に感じることができる環境を作る




自分の仕事がどのように世の中に役立っているのか、どんな価値を与えているのか、これに気付くことで「仕事のやりがい」っていうのは生まれてくるのかな、と思います。

このことを気付かせてあげられる環境を作るのも、経営者や管理者の仕事の一つなのではないでしょうか。



ここで松下幸之助さんの言葉

自分にとってはつまらない仕事でも、それが世の中の役に立っている。必要のない仕事などどこにもない。それは人も同じである。
どんな仕事でも不必要な仕事はない。必要な仕事だからあるわけだ。そういう観点で見てみたら、その仕事は立派に世の中に役立っているし、多くの人に喜びを与えている。そこに生きがいを感じたらいい。

この記事に含まれるタグ : 人材育成 モチベーション 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 働く意欲 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-244.html

2010/02/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

頑張りを評価する

   ↑  2009/12/27 (日)  カテゴリー: 美容室人材育成
こんにちは。

12月は忙しいお店が多かったと思いますが、みなさんのお店はいかがでしたか?

売上目標などを立てて頑張ったお店も多かったのではないでしょうか。
12月はまだあと4日ほどありますが、最後までもうひと踏ん張りしましょう。



12月ももう少しで終わりということは、2009年ももう少しで終わりです。
一年の目標を立てたお店はもちろん、そうでなかったお店もお店全員でずっと一年頑張った成果があると思いますので、是非一度みなさんで活動の総括をするべきだと思います。

ここで一番大切なのは、スタッフの皆さんの「頑張り」をきちんと把握して、評価することです。

売上や指名数など即時的に数字に表れる部分は、目標に到達したりしなかったりということで評価はしやすいのですが、その即時的に表れる数字以前の先行指標はなかなかオモテに出てこないので、評価しにくい部分です。

しかし、その先行指標こそスタッフさんの頑張りである可能性が高いので、それを見つけ出していくことも管理者の役割の一つだと思います。


例えば、客単価向上を目標にしていたスタッフさんが、惜しくも今年は目標に到達できなかったとします。
その時に客単価だけを評価してしまうと、そのスタッフさんの頑張りがなかなか見えてこないかもしれませんが、その先行指標を調べてみれば、よりハッキリと数値に出ている指標がある可能性があります。

もしかしたら、このスタッフさんは、プラスメニューの注文比率が昨年度よりも上昇しているかもしれませんし、きちんとお客様全員に店販商品の提案をしているかもしれません(商品提案率)。他にもPOPなどの工夫を凝らして、他のスタイリストさんの手助けをしているかもしれません。


こういった本人も分からないような上昇している数値を見つけ出して、評価してあげることが非常に大切だと思います。また管理者にとっても、より具体的で効果的なアドバイスを贈ることができるというメリットもありますよね。


結果に出る前の先行行動というのは、即時的に成果となりにくいですし、数値に表れないことも多いので見えにくいですが、管理者はこの行動こそ重点をおいて評価するべきだと思います。

結果につながる先行行動こそスタッフさんの頑張りですから。

この記事に含まれるタグ : 人材育成 先行指標 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 頑張りを評価する この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-234.html

2009/12/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。