美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: フォグバー の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

男性整髪料もナチュラル指向 資生堂フォグバーが人気

   ↑  2009/11/19 (木)  カテゴリー: 未分類
こんにちは。

今日フジサンケイビジネスアイにアップされていたニュースで、資生堂の男性整髪料「フォグバー」の人気によりマンダムからシェア1位を奪ったようです。


男性整髪剤資生堂が奪首 スプレー式好調、マンダムと激戦」
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200911190084a.nwc


以下引用

資生堂は18日、フォグバーが発売後3カ月で340万本を出荷、約20億円を売り上げたと発表した。当初販売計画の240万本をわずか1カ月で達成し、品切れの店舗が続出しているという。ウーノとしてのシェアは38.8%を獲得。ギャツビーを首位の座から引きずり下ろした。

 フォグバーは、霧状の液体を髪に吹き付け手ぐしなどで全体になじませて使う。これまで主流だったワックスのように固まりすぎず自然な風合いが出て、乱れても簡単に直すことができるのが特長だ。

 資生堂によると、最近はワックスをほとんど使わずに済む自然でさりげない髪形の男性が多いという。同社はこうしたトレンドを的確に把握して簡単に整髪できるスプレー式をタイムリーに投入することで、ヒットを呼び込んだ。




ヘアスタイルの流行に合わせた、ということでこれからは霧状のスプレーが主流になるのか、と思いきや、対するマンダムはこれまでの姿勢を崩しません。

これに対し、マンダムはあくまでも「主流はワックス」と従来路線を貫く構え。今後ギャツビーブランドのラインアップを強化する方針だ。中年男性向けブランド「ルシード」では、べとつきの少ないワックスで利用率が低かった中高年層の取り込みを急いでいる。

 資生堂は1996年に男性用整髪剤市場に他社に先駆けてワックスを投入。その後、マンダムのギャツビーに先行されたため、2005年にウーノで反転攻勢をかけて首位を奪回。しかし06年にマンダムがギャツビーのワックス「ムービングラバー」を投じて再び首位を奪い返していた。

 男性用整髪剤市場は成熟化で縮小傾向が続いている。調査会社のインテージによると、市場規模はフォグバー発売以前の6カ月間では前年同期比6%減だった。だが、発売後3カ月間では同11.3%増と急速に拡大しており、今後も両社の顧客獲得競争が市場の活性化につながりそうだ。



フォグバーの人気の影響で、男性整髪剤市場規模が回復しているようです。シェア争いを続ける両社は大変でしょうが、お互い切磋琢磨しながら市場を盛り上げていって欲しいものです。

私もこれまで整髪剤はサロン専売品を買わせてもらっていましたが、フォグバーは非常に気になるので買ってみます(笑)
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 男性整髪剤 資生堂 フォグバー 

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 男性整髪料もナチュラル指向 資生堂フォグバーが人気 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-220.html

2009/11/19 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。