美容室経営コンサルタントのコツコツメモ美容室の経営をサポートしていく仕事の中で、気づいたことや経営に役立つことをコツコツ書き綴っていこうと思っています。 

このブログをはてなブックマークに追加

このページの記事目次 (タグ: ニトリ の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

「強い流通」3つの法則

   ↑  2009/10/14 (水)  カテゴリー: 美容室経営
こんにちは。

今朝の日経新聞に、苦戦が続く流通業界の中で、業績を伸ばしている企業の共通点を分析している記事がありました。

業績を伸ばしている企業で挙げられていたのが、ユニクロ擁するファーストリテイリングや家具のニトリ、靴専門店のABCマート、衣料店のしまむらとポイントなどです。

これらの好調企業に共通する法則は、
1、ついで買いを誘う
2、自ら開発、自ら売る
3、大量に売り切る


この3つだそうです。

1の「ついで買いを誘う」についてはユニクロが好例として挙げられています。
確かにユニクロに行くと、Yシャツ目当てで行っても、ヒートテックの下着とかに目がいってしまい、4品から5品買ってしまう方が多いのではないでしょうか。

実際、ユニクロは格安商品をあれほど頻発していても、今年度は客単価を落とさず客数を増やすことに成功したようです。


「自ら開発、自ら売る」については、ユニクロもこのようなシステムを作っていますが、ここではニトリが例として挙げられています。

ニトリは商品の7割を海外で企画から生産段階まで行っていて、中間段階を省くことによってコストを抑えているようです。最近の円高もコスト減に寄与していて、ニトリが最近行った400品目値下げのような大盤振る舞いをしても、粗利益率は53%と非常に高い数値を誇っているのが凄いところです。
低価格の追求に妥協を許さないことが非常に徹底できていますね。

3つ目の「大量に売り切る」というのは、各社の在庫管理や売れ筋管理に焦点を当てています。

衣料品販売のポイントでは、店長会議を増やし、機動的に売れ筋を把握し、生産部門にきちんと反映させています。これによって余分な在庫が減り、値下げ販売などが不要になり、結果利益率の上昇につながったとのことです。


ほかにも私が感じたことは、不況の中でも各企業が積極的な姿勢を打ち出していることです。
ニトリが行った「400品目値下げ」にしてもかなりのリスクをしょった施策であることは疑いようもありません。
もしかしたら客単価が下がり、利益に悪影響が出る可能性もありました。
しかし、そういったリスクを最小限にしようと、コスト削減に対し積極的に努力し、業績向上につなげました。
やることすべてに積極的で一貫性がありました。


理美容業界にも参考にできることがあるかもしれません。
明日からでも、売れ筋商品を徹底的に調べたり、ついで買い促進に動いたりもできます。在庫管理を一から見直したりもできます。

不況の中でも積極的に動いてみましょう!




ブログランキング参加中です!
たまに押していただけると嬉しいです!
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 美容室経営 ユニクロ ニトリ 

FC2スレッドテーマ : ☆経営のヒント☆ (ジャンル : ビジネス

この記事をTwitterでつぶやく Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「強い流通」3つの法則 この記事をlivedoorクリップに登録

(記事編集) http://tk185.blog55.fc2.com/blog-entry-194.html

2009/10/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。